トップ  > ワイガヤ放課後カムラック! (趣味・雑談・雑学)  > 福祉でイノベーション(技術革新)を起こすためにできることについて考える

福祉でイノベーション(技術革新)を起こすためにできることについて考える

先週カムラックで福祉について考えるSHIFUKUが開催された。

テーマは
『福祉でイノベーション(技術革新)を起こすためにできること。』

講師である株式会社LIALICOの大塚さんによると、
福祉自体が技術革新の歴史の連続だという。

ただ、それは国や自治体から与えられているものである。

今回、講義で求められているのは、
現場の私たちが変えていこうという話である。

障害について言えば、福祉の現場が考えることは大きく2つある。

1つは当事者個人の状態に目を向けるのではなく、
取り巻く環境について目を向けること。

2つ目は出来ないという結論で考えるのではなく、
どうやれば(環境が変われば)出来るようになるのか
ということだった。

ただし、私たちは今までのやり方に縛られているところがあり、
大胆な発想が出来ないところがある。

一見繋がるわけがないというものを
「繋がる」という前提で考えていくことで、
見えていなかった道が見えるのではないか。

より良い方向が見つかるのではないか。
普段からそう考えることが大事だと感じた。

 

 
 

ComeLuck県庁前事業所

〒 812-0044

福岡市博多区千代4丁目1-33 西鉄千代県庁口ビル3F

TEL:092-643-7555

FAX:092-643-7700