トップ  > ニュースリリース  > ふくおか経済 2018年7月号(359号)に掲載されました! 〜中国人向け決済、情報発信ツール〜

障がい者就労移行支援事業所ホップ・ステップ・カムラック!
 

ふくおか経済 2018年7月号(359号)に掲載されました! 〜中国人向け決済、情報発信ツール〜

中国人向け決済、情報発信ツール
(ふくおか経済 2018年7月号 359号 )

 
以下記事本文

ビジネスブログ開発などの(株)イーハイブ(福岡市中央区天神4丁目、高橋善晴社長)は4月25日、中国人向け決済、情報発信のスマートフォンサービスを開始した。
サービス名は「欢迎世摩朋(ファンインすまっぽん!)」で、同社が展開するアプリ風ホームページサービス「すまっぽん!」と中国でシェアを伸ばしているQRコードでのキャッシュレス決済システム「WeChatPay(ウィーチャットペイ)」を組み合わせたもの。「すまっぽん!」とは、店舗などで顧客や見込み客がQRコードを読み取り、店舗概要やSNS、連絡先などを確認できる専用画面をスマートフォンのホーム画面にアプリの様に設置することで店舗の簡易HPとして活用できる顧客獲得ツール。今回のサービスでは、中文表記での情報発信に加えて、同サービスからWeChatPay決済まで誘導できる仕組みを設けることで、店舗や観光施設などで両サービスの普及促進を図っていく。
初期費用は、すまっぽん!の製作費(翻訳込み)と年間使用料、WeChatPayのハンディ端末代金込みで5万4333円(税別)。次年度からは、すまっぽん!の使用料3333円(同)のみ。また、WeChatPay決済システムは月額利用料無料で、決済手数料が3.25%。
同社は「近年訪日中国人が急増しているが、日本のキャッシュレス化の遅れにより、慣れているQRコード決済ができないことに不満を持つ人もいると聞いている。当サービスを使って、キャッシュレス先進国である中国人観光客を取り込んでほしい」と話している。
同社は1997年12月設立。資本金1120万円。従業員は9人。「すまっぽん!」は、IT関連の障がい者就労継続支援を手掛ける(株)カムラック(福岡市博多区上呉服町、賀村研社長)と2015年10月に共同開発した。
【ふくおか経済様 掲載許可確認済み】
 


エヴァ水
 

ComeLuck県庁前事業所

〒 812-0044

福岡市博多区千代4丁目1-33 西鉄千代県庁口ビル3F

TEL:092-643-7555

FAX:092-643-7700