トップ  > ニュースリリース  > 第16回 アジア太平洋地域ITSフォーラム(2018 福岡)のSessionに代表の賀村がパネリストとして登壇します!!

障がい者就労移行支援事業所ホップ・ステップ・カムラック!
 

第16回 アジア太平洋地域ITSフォーラム(2018 福岡)のSessionに代表の賀村がパネリストとして登壇します!!

第16回 アジア太平洋地域ITSフォーラム(2018 福岡)のSessionに代表の賀村がパネリストとして登壇します!! 2018年5月8日(火)〜10日(木) 於:福岡国際会議場/福岡サンパレス

Session
〜障害者や脆弱な道路利用者のためのITS〜
移動が困難な高齢者や障害者は屋内にいる傾向があります。しかし、これは健康ではありません。そこで、これらの固定された人々のために自動運転用の個人用車両が開発された。これらの車両は、音声コマンドで制御できるため、パートナーモビリティと呼ばれ、車両がユーザーとの適切なディスカッションを行うためのシステムを備えています。このセッションでは、パートナーモビリティの車両を紹介し、移動が困難な人々のための新しい福祉サービスモデルを提案します。障害のある人や脆弱な道路利用者のための各国の高度なITSサービスに関する議論を通して、より包括的な社会を構築する上での交通に対する人権の妥当性を理解したい。

モデレータ: 八子 知礼 
株式会社ウフル 専務執行役員/IoTイノベーションセンター所長兼エグゼクティブコンサルタント
スピーカー: 東 大輔
久留米工業大学 工学部 交通機械工学科 学科長 インテリジェント・モビリティ研究所 所長 教授・博士
スピーカー: 賀村 研 株式会社カムラック 代表取締役
スピーカー: 梶尾 武志 株式会社ミライロ 九州エリアマネージャー

第16回 アジア太平洋地域ITSフォーラムとは
第16回ITSアジア太平洋フォーラムFUKUOKA2018は、アジアのモビリティ社会の発展と新しい価値と進化の継続のためのITS(Intelligent Transport Systems)技術とサービスを開催する予定です。日本でのAPフォーラムの開催は、22年ぶりに開催される予定です。
また、ITSの技術やサービスに関わる行政、企業、大学等から、次世代のモビリティ社会を実現するための実用化・汎用化技術や最新技術を収集しています。
(公式サイトより抜粋)

公式サイト
http://www.itsap-fukuoka.jp/





エヴァ水
 

ComeLuck県庁前事業所

〒 812-0044

福岡市博多区千代4丁目1-33 西鉄千代県庁口ビル3F

TEL:092-643-7555

FAX:092-643-7700