トップ  > ニュースリリース  > ふくおか経済 2018年3月号(355号)に掲載されました! 〜新しい障がい者就労の形を協業体制で実現〜

障がい者就労移行支援事業所ホップ・ステップ・カムラック!
 

ふくおか経済 2018年3月号(355号)に掲載されました! 〜新しい障がい者就労の形を協業体制で実現〜

新しい障がい者就労の形を協業体制で実現
(ふくおか経済 2018年3月号 355号 )
以下記事本文

「エンターテインメント業界で障がい者が活躍するロールモデルを作りたい」と声をそろえるのは、九州発アイドルグループ「LinQ」などアーティストマネジメントを手掛ける(株)ジョブ・ネット(福岡市中央区天神5丁目、題府征孝社長)の濵田昭宏監査役CFOと、IT分野における障がい者就労支援事業の(株)カムラック(博多区上呉服町)の賀村研社長。2社は1月、博多区千代に共同事務所を開設し、事業連携を本格化した。現在は、カムラックの障がい者スタッフがLinQのグッズ販売業務におけるECサイトの運営を中心に発送作業や商品開発を手掛けており、今後は協業モデルとしてコンサート劇場運営なども視野に入れている。
 2社が協業へ動き出したのは、2人が知り合い半年余りが経過した2015年。濵田監査役は「障がい者就労についてカムラックの事業を通して知り、思いを巡らせるようになった」と語る。
決断を後押ししたのは、カムラックで働く障がい者の健常者に引けを取らないITスキルだ。同社では、カムラックの関連会社でソフトウェア開発の(株)else ifと連携。受注案件を共有することでスキルを高めている。
 一方、昨年11月には、共同出資で中央区舞鶴にイタリアンバル「イタレヴィーノ」を出店。1月には、同店の運営会社FUTURE ENTERPRISE(株)を設立し濵田監査役が社長に就いた。多店舗展開を見据えており、賀村社長は「障がい者が飲食店の現場に働く道も開けてくる」と期待する。新しい障がい者就労の形が動き出した。     【ふくおか経済様 掲載許可確認済み】
 


エヴァ水
 

ComeLuck県庁前事業所

〒 812-0044

福岡市博多区千代4丁目1-33 西鉄千代県庁口ビル3F

TEL:092-643-7555

FAX:092-643-7700